久留米絣ガラス行灯【坂井ガラス工房】

8月7日に福岡県大川市にある坂井ガラス工房さんの取材に伺いました。

今回出展されているのは『久留米絣ガラス行灯』です。この行灯は、筑後地域の伝統的な織物である久留米絣を特殊技術で硝子と硝子の間に挟み込んで製作されています。衣服のイメージが強かった久留米絣の新しい楽しみ方が詰まった行灯です。明かりを灯すと、幻想的な久留米絣の藍色の光が醸し出され、とても落ち着いた気持ちになれます。

この行灯を製作されている工場では、様々な機械を拝見し、一つひとつの行灯を手間暇惜しまず製作している坂井さんの姿勢や行灯に懸ける想いを強く感じました。久留米絣の新しい形である『久留米絣ガラス行灯』が周知されるように、PR活動に力を入れ、筑後川ブランドに認定されるように尽力していこうと思います!

筑後川ブランド学生委員会

筑後川ブランド大会の様々な情報を 久留米大学経済学部の学生が発信していきます

0コメント

  • 1000 / 1000