焼桐バタフライテーブル・焼桐ワンニャン家具【桐里工房】

8月24日に福岡県大川市にある桐里工房さんに取材させていただきました。

ノミネート商品は、「焼桐バタフライテーブル」と「焼桐ワンニャン家具」です。

「焼桐のバタフライテーブル」は、桐を使うことにより、湿気に強い・抗菌作用あり・燃えにくいなどの特徴がある他、両端のテーブルが折りたためるようになっており、必要に応じてテーブルの調整ができる特徴もあります。また、下にはキャスターが付いており、移動も楽々です。


「焼桐ワンニャン家具」は、桐のテーブルを買われたお客様の自宅で、ペットがテーブルの上に乗り寝始めた事がきっかけで誕生しました。人間と同じように良い質の物を好む犬や猫の為に、人間用の家具と同様に職人さんが一つ一つ手作りされています。

また、ペットがくつろぎやすいように久留米絣を使ったクッションがセットになっているのもポイントです。


今回、取材では「焼桐のバタフライテーブル」を製作している所を見学しました。

桐里工房さんは、流れ作業で大量生産するのではなく、手づくりし、1人1品製作で愛情を込めて作っているというこだわりを知ることが出来ました。より多くの方にこれらの商品の良さを知っていただけるよう、PR活動などサポートしていきたいです。

筑後川ブランド学生委員会

筑後川ブランド大会の様々な情報を 久留米大学経済学部の学生が発信していきます

0コメント

  • 1000 / 1000