木彫人形【石川工房】

8月6日、大川市にある石川工房さんに取材させていただきました。エントリー商品は木材を彫刻した「木彫人形」です。大川市の木材加工所で廃棄されている木材を見て「もったいない」と思い、この木材を活かして何ができないのかと趣味で始めたのがこの木彫人形です

石川さんによると、「機械で作ると面白くないからすべて手作りで作っている」と言われていました。たくさんの作品を見せてもらったのですが、どれも独特な表現が施されており、その上手作りならではのあたたかみを感じ、感動しました。「これが廃棄された木から作られたのか」と思い、衝撃を受けました。この廃棄された木の中には名木と呼ばれる木があるそうです。これは家具の町大川市ならではです。最後に、石川さんは「本当に大切にしてくれる人に木彫り人形を渡したい」と言われていました。そのため、価格はあえて高めにしてあるそうです。

是非、桃の節句 お雛様のお供や端午の節句などに活用してみるのはいかがですか?

また、床の間の置物にどうですか?


筑後川ブランド学生委員会

筑後川ブランド大会の様々な情報を 久留米大学経済学部の学生が発信していきます

0コメント

  • 1000 / 1000