22_縁恵畳


 この縁恵畳(えんけいたたみ)は花ござという色のついたござを使用しています。色の種類は10色あります。そして全て伝統的な柄である市松模様(東京オリンピックのエンブレム・鬼滅の刃のあの竈門炭治郎(かまどたんじろう)が来ている服の柄など)を使っています。お部屋の雰囲気で色を変えられます。(ちなみに筑後地方は花ござの産地なんですって)

また下の写真のようにフローリングされた洋風の家でも床の上に置くことができます。軽く、下の五枚の畳を合わせても10㎏もないので女性や子供でも持つことができ、収納も楽です。

つまづき防止のため高さは30㎜と絶妙な高さにしています。これ以下でも以上でも躓いてしまうみたいですよ。(不思議だなあ...)

海外にも進出してるんです。台湾、シンガポール、フランス、アメリカのニューヨーク州にも出しています。(色々な国に出しているんだなぁってフランスまで!?)

この畳は凹凸があってそれがなんと足の裏にいい刺激を与えたりだとか…(精神面を落ち着かせるだけではなく身体的な健康のところまでとは)


投票・購入お願いします。



ネット投票は筑後川ブランド大会公式サイトからお願いします。

オンライン総選挙(11月8日)の情報も随時更新します。


大会パンフレットの商品紹介ページ

筑後川ブランド学生委員会

筑後川ブランド大会の様々な情報を 久留米大学経済学部の学生が発信していきます

0コメント

  • 1000 / 1000